督促状が来て延滞中でもお金を借りれる?徹底調査してみました!

銀行や消費者金融からお金を借りるときには、審査がありますよね。
他のカードローンやクレジットの支払いが延滞中だったりすると借り入れができません。
また、過去に債務整理をしたりしていると審査に通らないのでお金を借りれませんね。

 

債務整理の記録は5年ぐらい信用情報機関に遠くされたままなので、その間は審査には通らないそうです。

 

審査の甘い消費者金融なら2,3年後には借りれるということもあるらしいですが、闇金もあるのでお金を借りるときには、慎重に選ばないといけませんね。

 

私の場合、お金のやりくりがかなり厳しくなって、カードローンの申し込みをしようと思ったのですが、その時公共料金を延滞中でした。
以前に聞いた話だと公共料金を滞納していているだけでもカードローンの審査には通らないということだったので、滞納中の私は借りれる可能性はかなり低いだろうと思っていました。

 

それで、どこかお金を借りれるところはないかといろいろ調べていいたのですが、意外にも公共料金を延滞中でも借りられるらしいということがわかってきました。
でも、公共料金を延滞中だと借りられないという情報はどういうわけで出てきたのでしょうか?
さらに調べて分かったのは、公共料金をクレジット払いにしていて延滞中になると、カードローンの審査に影響が出てお金を借りれる可能性がなくなるということでした。

 

公共料金をクレジットカード払いにするとポイントがたまったりするので、お得と思って公共料金をクレジットで支払う人もいますよね。

 

でも、クレジットカードで支払いをしていて公共料金の支払いが延滞中になると、それが信用情報機関に登録されて、カードローンの審査に影響が出るようです。

 

なので、クレジットカードで支払う場合には、絶対に延滞中にならないようにしないといけないわけですね。
支払いを忘れるのが心配な場合は、クレジット払いはやめておいた方がいいみたいです。

 

それから、公共料金が銀行の口座から引き落としされる場合は、延滞中になると審査に影響が出てその銀行からお金を借りれる可能性がなくなってしまうようです。
公共料金を滞納するような人はローンを組んでもやはり滞納する可能性があるとみなされて、警戒されてしまうのでしょうね。

 

私の場合は、公共料金はいつもコンビニで支払っていたので、延滞中になっても信用情報機関には登録されず、お金を借りれる可能性があることがわかりました。
安心したところで、カードローンに申し込み、無事にお金を借りれてホッとしました。このお金で延滞中だった公共料金などのお金を支払いました。

 

今回のことを反省してこれからは、公共料金もカードローンも延滞がないように計画的にお金を使うようにしたいと思います。

 

ところで、カードローンやクレジットカードの支払いが延滞中になると、信用情報機関に登録されると書きましたが、
延滞したらすぐに審査に影響が出るかというとそうではなくて、延滞が61日を超えなければ影響はないそうです。

 

61日以上の延滞があると信用情報機関の支払い状況のところに「異動」という文字が書かれるそうです。

この「異動」という記録がされるのがいわゆる「ブラック」の状態で、このような記録が記載されてしまうとローンの審査に影響が出るそうです。

 

なので同じ延滞中でも1か月なら「異動」にはなりませんが2か月以上延滞中になっていると、ローンの審査に影響がでて、お金を借りれる可能性がなくなってしまうわけですね。

 

ちなみに信用情報機関によれば「返済日から61日以上、または3ヶ月以上の支払遅延(延滞)があるものまたはあったもの」を「異動」と定義しているそうですが、それなら3ヶ月以上延滞中でなければ大丈夫かなとも思いますよね。でも、審査の厳しい金融機関は61日をこえると信用情報機関に「異動」と報告するようなのです。

 

だから、やはり2か月以上延滞中になるのはリスクが高いですね。ブラックになったら後々大変ですから、ちょっと支払いが遅れても大丈夫とか思わないで、やっぱりちゃんと毎月返済していた方がいいですよね。

 

あと、公共料金を銀行引き落としにしていて延滞中になるとその銀行の住宅ローンなどの審査に影響が出てお金を借りれなくなるということなんですが、そういう事態を避けるために銀行のカードローンに申し込んでおいてその時に自動融資というサービスも申し込んでおくことができます。

 

自動融資というのは、クレジットカードや公共料金の引き落とし口座の残高が不足すると自動的に、カードローンから借り入れをして、公共料金やカードローンの返済額がちゃんと引き落とされるようにするというものです。

 

これなら、クレジットカードお利用していても延滞中になることがなくて安心ですよね。
もちろん、自動融資機能にしょっちゅう頼っていては利息の支払いも多くなるので毎月きちんと払うのがベストなのは言うまでもありませんが。